HOME > ヴィーナス・クラブ案内

 

      

 


 

 

 

【名  称】 URAWA FOOTBALL CLUB VENUS  浦和フットボールクラブ ヴィーナス (通称:ヴィーナス)

【設  立】 2020年4月 (ホームタウン:埼玉県さいたま市)

【代  表】 浅井 重夫  一般社団法人 ELF FREUNDE SPORT CLUB(エルフ フロインデ スポルト クルブ) 代表理事

【スタッフ】

・テクニカルアドバイザー   吉野  弘一  一般社団法人 ELF FREUNDE SPORT CLUB 理事

                          日本スポーツ協会スポーツプログラマー / JFA公認C級コーチ

・監 督  小美野 浩世  JFA公認D級コーチ / フィジカルトレーナー

・コーチ  岡田  和奏  JFA公認審判4級

・コーチ  藤田   翼  JFA公認D級コーチ / JFA公認審判3級

・事務局  黒須  友香

 

 

本クラブは、一般社団法人 ELF FREUNDE SPORT CLUB を母体として活動しています

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、日本における女子サッカーの環境は、決して恵まれているとは言えません。


ヴィーナスの母体クラブである、エルフフロインデスポルトクルブの

「年齢・性別を問わず、フットボールを通して生涯スポーツを楽しもう!」のコンセプトの下、

女の子がボールを蹴ってみたい、サッカーをやってみたいと思った時、

もっと自由にサッカーを楽しめる場を作りたい、そうした思いから、浦和FCヴィーナスを創設しました。

 

2021年秋からは、WEリーグ[うぃーりーぐ](Women Empowerment League) が設立されます。

 

女子サッカーの環境が今後変化していく中、ヴィーナスもその変革に対応したクラブチームを目指していきます。

 

何よりもサッカーをする子供たちにとって大切なのは、プレーする時間、そして、試合に出場するたくさんの機会 です。

ヴィーナスでは、サッカーの上手な子供たちばかりを出場させる「勝利至上主義」ではなく、

すべての選手に多くの試合に出場機会を与えています。

 

もちろん、試合において「勝利」を目指さないのではありません。

「勝利」はあくまで「結果」であり、「勝利」は「目標」のひとつです。

 

サッカーという勝敗のつくスポーツを経験することで、

子供たちには「勝つことの嬉しさ」や「負けることの悔しさ」を感じてほしいと考えています。

 

また、サッカーは仲間がいないと成立しません。そして、相手がいないと試合は出来ません。

 

「ELF FREUNDE = 11人の仲間」とあるように、多感な子供たちがサッカーを通して仲間と共に様々な経験をすることで、

人としてさらに成長していくことを、ヴィーナスではサポートしたいと思っています。

 

 

 

 

 


 

 

 

ヴィーナスでは、自分のことは自分でできるヒトに!

 

自分で考えて自分で判断するヒトに育ってほしい・・・

 

そうした願いを持ちながら、子供たちの指導を行っています